開業資金を工面する方法

個人事業主から会社設立まで!安心安全な開業資金の集め方すべて教えます!

>

店主から社長まで!夢の開業資金を工面する方法お教えします

個人事業主か?会社を設立するのか?

開業には、主に個人事業主になることと、自身で会社法人を設立して経営者になることの二通りがあります。

個人事業主とは、文字通り個人でレストランなどを開業して、経営する自営業者のことです。
基本的に届出だけで開業でき、資本金は必要ありません。
必要な開業資金は、例えば店を開くなら、店舗の家賃や設備の購入費などの初期費用になります。
あとは店の経営が軌道に乗るまでの、初期の運転資金、当面の生活費を用意できれば安心でしょう。
個人事業主になる場合、開業資金の工面は、自分で貯蓄する、親類や友人に借りるなどの方法が主です。

会社法人の設立とは、自身で新しく会社を興すことです。
こちらは登録免許税や印紙代などの法定費用など、まず諸手続きの費用が必要になります。
現在では資本金は一円でも会社を設立できることになっていますが、現実問題として事業を進めるためには、ある程度まとまった額の運転資金が必要になります。

個人事業主になる際の開業資金はどうする?

個人事業主として開業する際に向いた融資制度として、新創業融資制度や制度融資があります。

新総合融資制度は、国が出資する日本政策金融公庫からの融資になるため、安全で安心です。
その事業で開業が可能な勤務経験や技術と、最低で十分の一以上の自己資金があれば、開業前でも無担保、連帯保証人も不要で融資が得られる上、融資決定が早い、返済期間も長いなどのメリットがあります。

制度融資とは、地方自治体が窓口になり、自治体が運営する信用保証協会に保証料を支払うことで、その斡旋で銀行などの金融機関から融資を受けられる制度になります。
もし事業が成功せず、返済が難しくなった場合、信用保証協会が肩代わりする形式になります。
やはり無担保で連帯保証人も不要、新創業融資制度よりも利率が低いなどの反面、最初に保証料が必要、融資までに数ヶ月ほどかかる場合もある、具体性がある創業計画書を作る必要があるなどの難点もあります。


この記事をシェアする
TO_TOP